背中ギターのやり方

こんにちは😊ガっチガチ研究所です😊


そもそも背中ギターとはなんぞや?ですが

背中の肩甲骨より内側にあるラインに挟むコリ(通称 弦)

表皮にある筋肉ではなく深層にある筋肉です😊


ココの筋肉がコリ固まった筋肉の小さな束がまるでギターの弦のごとく並んでいるので「背中ギター」です😊


やり方


まず脇腹の筋肉をもみほぐします

コレは肩甲骨が動くようにするためです

肩甲骨は上部に2箇所、下部に1箇所の骨でココがロックする事があります😭

肩を回すと「ゴリゴリ」ってなる方はコノ状態です

ワタシの場合役にいう「肩甲骨はがし」はしません😊

肩甲骨裏は脇からで十分触れるからです

触りながら肩甲骨下部が動くか確認して下さい


上記が終わったら

背骨のキワッキワを指先で掘ります

押すではなく掘るです!

掘るとワタシの言う「弦」がわかると思います

1番外は太い弦です


その外側、肩甲骨までに細い弦がアレばそれをギターの如く弾く!

また、取りにくい時は縦にグリグリするのもありです😊


その部位に弦がなくなったら仕上げです


肩甲骨と背骨の間に固い筋肉が1つ1センチぐらいのがあります😊

その筋肉は元から固いのでもんでも柔らかくなりませんので注意

その上に先ほどの弦の付け根が内部に向かってあります

コイツが物凄く重要!

そのために肩周りをほぐして奥まで指が突っ込めるように!

そこにビンっ!とした細かい弦がいるので、指を奥まで入れて弾きまくります😊

根気よくやるのがコツです


コレがとれたら完了です!


って、コレをさせて頂いたお客様O様が会話しないで!との事で…話してないので

今日は背中ギターについて書きました笑笑

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは😊ガっチガチ研究所です😊 愛知から出張中のAさん😊 ついに愛知に帰ることになったと昨日聞いて…場の雰囲気で本日来店です✨ Aさんは元ボクサー😊体幹が素晴らしい✨ おかげなのか?肩こりがほぼなく背中もめちゃくちゃよい! だけど…足が残念😭 最近踏ん張れないとの事で ソレ…内転筋が動くことを忘れているからなんですよね〜😭 立つ時とかには使えてますが、歩く走るなんかの時にサボってし

こんにちは😊ガっチガチ研究所です😊 いつもありがとうございますHさん✨ ヘルニアの状態も良くなりつつあるって事でよかったです! あとは…もうコレだけ! コレしか言いません😊! ウチモモを鍛えまくって下さい! 今日のお悩みの背中と腰の間の違和感 そしてワタシの指摘の首がストレートネックぎみ コレらを解消してくれますからね! 他がいいからホントこれだけですよー

こんにちは😊ガっチガチ研究所です😊 いつもありがとうございますOさん✨ ソレにして今日の肩はやばかったですね😭 原因はもうハッキリいってわかりませんw ただ一つ言えることは予約表には載ってないイケる時間てのは存在しますんで、お気楽に尋ねて下さいね😊✨ シンドイのが続くのはパフォーマンス低下や効率低下に繋がりますし、何より人に優しくなれませんからね😭 いつかなかなか来れないぐらい調子がいい